FC2ブログ

昼下り時の妄想


本日の日記は、下痢による体調不良のため、
箇条書にて、なるべくキモくお送りいたします。




その原因はマックを腹一杯食ったせいだと、さっき気付く。



でも食ってる途中でも便所に駆け込んだ。



早くね ?



そのマックを買うのに、
「お待ちのお客さま、こちらのレジへどうぞー」的なことを、
2つ隣のレジから明らかに俺に対して言ってるのに、あからさまに無視。



なぜなら、ハーフっぽい顔立ちでカワイイ、
化粧が上手な、しかも濃いチークが絶妙に似合う、
笑顔がこれまたカワイイ娘のレジに並びたかったからなんだ。



ちょー萌える。



そういえば、自分がチークフェチだったことを思い出す。



失いかけていた自分を取り戻した。



続・そういえば、あん時の元カノはチーク似合わなかった。



そのころの自分は取り戻さず、五年前に忘れたまま置きっぱなし。



そんなことを涙ながらに回想するフリをしながら、思うフリをしながら、
危なく、「スマイルください。いや、我要にぃ」って口から出かかった。



あの娘のスマイルなら有料でもいいと思った。




帰る途中すれ違った、ちょっとキツめだけど美人なおねーさんの右足のふくらはぎの内側に、
鯉のタトゥーが彫ってあった。



しかも、よーく見てみたら、
いつか自分も入れようと思っていた柄とほぼ同じだった。



そこまで細部まで分かるまで激見していたら、
そのおねーさんがニコッっと微笑みかけてくれた。



ここでスマイル、キターーー(゜∀゜)ノ゜



再度、ちょー萌える。



危なく、「結婚してください」って口から出かかった。




そんな日曜日の昼下り。
スポンサーサイト