FC2ブログ

さらば2

本日の日記はこのPART2になります。

さらば

ボーンよ、お前もか・・・

前回の塚ちゃんに引き続き、
スポンサーサイト



業務報告

あれ?この前書いた日記消えとるし。

みなさーん、じゃあふぇいは生きてますよー!


さて、みなさんの暖かいコメントを放置したまま(オイ)、
ちょっと最近仕事で納得行かないことをメモっておこうかと。

基本、僕らは商社という、お客さんとサプライヤーの間に入る中間業者の役割を担っているのですが、
お客さんに仕事を貰いに行き、商品を探し、それをお客さんに売るのがじゃあふぇいの仕事。

えぇ、営業です。

でね、今日本への輸出用にある商品を探しているところなんですが、
その案件で大変手間取ってまして…。
一般に(日本では、たぶんね)消耗品や細かい部品など(今回はネジとボルト)、
サプライヤーにサンプル提供を依頼し、
直接お客さんにお見せし、納得してもらった上で買ってもらいます。

ところがこちらのサプライヤーは、何故かサンプル提供の交渉になると、
とたんに態度を変え、色々な要求をしてきます。
価格表とかすぐに素直に出してくるのに。

「サンプル制作費が必要。○○元出せ(何故か一般販売価格の数倍)」

「契約後にサンプルをお送り致します」
(みなさん、この意味がお分かりですか?全くサンプルの意味がありません)

「サンプル提供?弊社では製作経験が無いので、図面と開発費&製作料を別途頂きます」
(作れないなら最初から言えよ…最初からボッたくるつもりだったのでしょう)

などなど・・・

まぁ僕は日本でのこういう経験が無いから良く分かりませんが、
逆に日本でしっかりやってきた人は慣れるのに大変でしょう。
僕みたいな素人でも「いや、これをこうすれば良いだけでしょ」と分かるのに、
一つ一つの交渉や段階にもの凄く時間と手間がかかるのです。

日本の本社からの案件なので、色々な人に協力してもらいならが進めていますが、
現在、行き詰ってるところです・・・。
あ、でも香港と台湾の人たちは対応良かったなー。


ところが、逆もあります。


ある日系の会社なんですが、要求が高すぎて
サプライヤーが逃げてしまうのです。

ある高額な機械の商談の時のこと。
現場作業員、係長、課長まで話を通し、サプライヤーに「設計はここをこうしてくれ」と伝えます。
んで、次は部長クラスです。
「図面できました!ここはこうなっております…どうですか?」と聞くと、
「何だこれ?この部分は…こうしようよ。ここはこう変えたほうがいいな…やり直し!」
「…了解です!すぐ作り直して持ってきます!」と、じゃあふぇい。
これを十数回繰り返した後、
最後は総経理(社長)にプレゼンです。

じゃ「…とこういう構造になっております。価格もここまで抑えまして…」
社長「んー、これはいらんでしょ?これもだな。これはダメでしょー、アレに変えて。」
じゃ「…分かりました!」
社長「よし、ん?ここはどうなってるんだ?図面出してよ。」
じゃ「(図面あるし、詳しく説明したじゃん…)こちら、構造は…、先ほど触れましたが…」
社長「ここをちょっとずらした図面だよ。これじゃー分かりにくいよ。あと高い!」

ダメ出しの嵐。

こういう最悪の状況を防ぐためにも、
部長クラスや次期総経理と言われる方々に何回も図面や予算など具体的な案まで示し、
「社長にも話通しておいてくださいね」と何回も念を押しといたにもかかわらず、
最後に社長に思いっきりひっくり返されました。

まぁ攻め方は分かってきましたよ。
一気に攻め込んで、大将の首根っこ掴めばいいんだろ?
要するに桶狭間ですよ。

で、それをサプライヤーに伝えると、
「ウチでは手に負えそうに無いから、ウチと付き合いのある会社に振っていい?」
とまで言われる始末。

はぁ~今までやってきた約3ヶ月に渡る苦労の半分が約1時間半のプレゼンで消し飛びました。
前日(当日?)朝4時までプレゼンの準備して、結局不眠不休で挑んだにもかかわらず・・・。

納期が・・・ノルマが・・・

両方ともぜーったいクリアできませーん。

この案件成功したら、やりたいこといっぱいあったのに、
また計画を立て直さないとなりません。


未だに仕事もプライベートもうまくいってない、じゃあふぇいでしたー。